猫はブルーベリーを食べることができますか?

ブルーベリー

ブルーベリーは多年生の低木であり、食用の果物を生産するだけでなく、薬用でもあります。 実際、尿路感染症の人は、食事にそれらを含めることで大きな恩恵を受けることができます。 しかし、猫はどうですか?

私たちが知っているように、それらに有毒な特定の食品がありますが、 猫がブルーベリーを食べられるかどうか知りたいなら、この記事をお見逃しなく 🙂。

ブルーベリーとは何ですか?

ブルーベリーは、世界の冷温帯地域に自生する低木です。 それらは最大1〜2メートルの高さに達し、常緑樹です (名前は混乱を招く可能性がありますが、葉は植物に永遠に残るわけではありませんが、少しずつ落ちています)。

秋までに彼らは食用の果物を生産します、品種に応じて赤または紫がかったベリーです。 これらは、甘さを隠すことができる酸味があります。

彼らはどのような特性を持っていますか?

ベリーは新鮮なものを消費するか、ジュース、ソース、ジャムなどの製品によく加工されています。 それらは抗酸化特性を持っているので心臓血管の健康に非常に良いです。 さらに、尿路感染症の予防と治療、胃腸の問題の軽減、歯の健康の改善のために摂取することができます。

それらは猫にとって有益ですか?

猫

猫は食べ物がとても特別です。 彼らが厳格な肉食動物であることを考慮に入れる必要があるだけでなく(つまり、彼らの食事は肉に基づいている必要があります)、最初に述べたように、彼らの健康に非常に有害な特定の食品もあります。 しかし、それはブルーベリーには当てはまりません。

これらの毛皮のようなものは、単独で、または通常の食品と混合して、よく刻んだベリーを食べることができます。。 もちろん、あなたはそれらを毎日与える必要はありませんが、もちろん、彼らがそれらを好きな場合にのみ、週に2〜3回与えます🙂。

このトピックについてどう思いましたか? 猫にブルーベリーをあげてみましたか?


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。