猫の予防接種は何ですか?

猫への予防接種

猫の予防接種は、猫が苦しむ可能性のある最も深刻で生命を脅かす病気から猫を守るため、非常に重要です。 しかし、必須のものは何ですか? いつ着る必要がありますか? それらには副作用がありますか?

これらやその他の疑問があるのは普通のことなので、毛皮のようなものを採用したばかりの場合は、 猫の予防接種に関連するすべてを知るためにこの記事を見逃すことはできません。

猫の予防接種スケジュール

病気の猫

国によって、ワクチンとその投与方法は異なる場合があります。 しかし、私たちが初めて猫を連れてきたらすぐに獣医に連れて行き、そこで虫を駆除し、数日後に戻ってワクチンを接種できるようにすることが重要です。

生後2〜3日の子猫には初乳が与えられていると考える必要があります。初乳は、病気の原因となるウイルスやその他の微生物に対する免疫を与える母乳です。 しかし、この保護は数週間が経つにつれて弱まり、そして XNUMXヶ月で彼らは最初の予防接種を受けるべきです.

子猫の予防接種

したがって、スペインの場合、予防接種計画は次のようになります。

  • 2の月:三価ワクチン(汎白血球減少症、カリシウイルス、鼻気管炎)
  • 2ヶ月半:猫白血病、外出する猫用
  • 3の月:三価補強
  • 3ヶ月半:白血病ブースター
  • 4か月: に対するワクチン ラビア
  • 一年に一度:怒りの強化。
    オプション:XNUMX価および白血病ブースター。

成猫用ワクチン

猫が大人の場合、ワクチンは多かれ少なかれ毎月与えられ、次のとおりです。 三価の猫白血病と狂犬病.

猫に義務付けられている予防接種は何ですか?

強制予防接種は、 猫の三価 スペイン全土、そして ラビア アンダルシア、カスティーリャラマンチャ、バレンシアコミュニティなどの一部のコミュニティでのみ。 疑わしい場合は、獣医に確認してください。 残りはお勧めです。

猫の三価とは何ですか?

これは、XNUMXつの深刻な感染症から保護するワクチンです。

  • 猫汎白血球減少症:それは致命的となる可能性のある病気です。 症状は、無気力、食欲不振、発熱、嘔吐、および重度の下痢です。
  • ネコカリシウイルス:それは主に眼と鼻の分泌物で発生する病気です。 もっと詳しく.
  • 猫ウイルス性鼻気管炎:くしゃみ、結膜炎、発熱、鼻汁などの症状がある感染症です。

猫の予防接種にはどれくらいの費用がかかりますか?

繰り返しますが、それは国に大きく依存します。 スペインでは平均20ユーロかかります、平均30ユーロの狂犬病と、約40〜50ユーロのXNUMX価を除く。

猫のワクチンの副作用は何ですか?

悲しい猫

それらは一般的ではなく、発生した場合は通常軽度ですが、次のことを知っておくことが重要です。

  • 発熱:動物は少し悲しそうに見えますが、数時間後には通過するはずです。
  • 嘔吐と下痢:彼は数時間何も食べたくないかもしれませんが、特に彼が若い場合、彼が改善しない場合は、獣医に連れて行ってください。
  • 痛み:炎症を伴う場合があります。 針が皮膚に刺さった部分は正常です。 小さな結節が形成された場合、それ以上の不快感を引き起こすことなく、約XNUMX週間で消えるはずです。
  • 過敏症:最も深刻な副作用です。 それは局所的に、つまり特定の臓器にある場合もあれば、一般的にアナフィラキシーショックを引き起こす場合もあります。 最初のケースでは、症状は激しいかゆみ、嘔吐、下痢、浮腫の可能性です。 そしてXNUMX番目は発作を起こして死ぬ可能性があります。 獣医が回復できるように、獣医との相談は必須です。

お役に立てば幸いです🙂。


コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。 必須フィールドには付いています *

*

*

  1. データの責任者:MiguelÁngelGatón
  2. データの目的:SPAMの制御、コメント管理。
  3. 正当化:あなたの同意
  4. データの伝達:法的義務がある場合を除き、データが第三者に伝達されることはありません。
  5. データストレージ:Occentus Networks(EU)がホストするデータベース
  6. 権利:いつでも情報を制限、回復、削除できます。